各種性能比較

遮熱塗料と断熱塗料

Newキルコートの断熱が省エネ「相乗効果」を実現

塗装における室内の温度変化影響を与えるのは、大きく分けて2つあります。

①内部からの影響 (夏:冷房機 冬:暖房機)

②外部からの影響 (夏:太陽熱等 冬:冷気)

他社断熱塗料と他社遮熱塗料との比較実験結果

高い断熱性能

熱の遮断はナノテクノロジーでμm(マイクロメートル:0.001mm)の『アクリル中空ビーズ』によって行われます。キルコートは特殊なバインダーを使用することにより、アクリル中空ビーズを他社製品では、追随出来ない程、均一に、隙間無く混入しています。
これにより、下記グラフのように他社高反射塗料との違いを生み出し、高い断熱性能を有する事が可能となりました。

※某工場の外壁にキルコート、他社製品N、他社製品遮熱をそれぞれ塗布をして、表面温度と室内側温度(裏面)の温度を測定しました。反射率が各社ほとんど同じだったので表面温度は同じだが…

室内に近い裏面温度は...

Newキルコートの断熱機能

日反射… 太陽熱を反射して、建物等に残る熱量を少なくする機能。( 日反射率90%程度 )

断  熱… 熱、冷気を遮断する機能。(5℃~7℃の断熱機能 )

Newキルコートは以上、2つの機能を有します。
市場には日反射機能しか持たない遮熱塗料も沢山あります。

他塗り替え塗料との比較

各項目を7点満点で採点しました。

点数を付けてみるとシリコン塗装が増えている理由がわかり、フッ素塗料や遮熱塗料断熱塗料の採用になかなか足が向かなかった理由がその総合評価点数の差が変わらない点で伺えます。
その点、Newキルコートは省エネ効果、耐久性、価格の面で一番費用対効果が高い塗料だとわかります。

屋根改修方法の比較 Newキルコート塗装と屋根工事の比較

他社製品(代表的な断熱塗料G製品)との性能比較